<   2007年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

女性は「生む機械」?

松江の後援会での講演で出たという、柳沢厚労相の発言の報道には
あきれました。

少子化対策に言及する中で「15から50歳の女性の数は決まっている。生む機械、装置の数は決まっているから、機械と言うのは何だけど、あとは一人頭で頑張ってもらうしかないと ...」

とんでもないことを言うもんだなと驚きましたが、
工房へ通う道を歩いていて、あることに気がついて笑ってしまった。

学者はよく「装置」という言い方をします。
「安定した社会を維持するための装置としての婚姻制度」とか
「社会発展の装置としての義務教育」とか。
「生涯教育の装置としての公共図書館」・・・とか。

おそらく大臣は、少子化対策の審議会かなにかで、学者の話した内容を学習されたのでしょう。
不幸なのは、「装置」を「機械」というイメージで受け取ってしまったこと・・・。

「装置」という言葉は、おそらく「device」の日本語訳。
ためしにネットで、「子供を生む装置としての女性」を英訳してみたら
「woman as device that brings children into the wold」。
「子供を生む機械としての女性」は、
「woman as machine that brings children into the wold」。

「device」を辞書で調べたら、「装置、考案物、からくり、くふう、方策、知恵」
とありました。
ハードウエア+ソフトウエアという概念らしく、けっこう人間的な意味も含まれているんですね。
学者が「device」を「装置」と訳してしまったことに、今回の「失言」の遠因がありそうです。

「装置」という言葉を政治家が聞いたら、「機械」をイメージして覚えてしまうのも
ムリがないかも。
彼は学習したことを、イイカッコして話そうとして言い間違えちゃっただけなんじゃないか。
思わず本音が出たというのとは違うような気がしています。
学者はふつうの言葉で政治家にレクチャーしてあげなよ。
てなことを、昨日はブツブツ言ってました。
「device」について詳しい方がいたら教えてください。

「美術工芸品を社会に提供する『装置』としての陶芸家」
と言えば論文のタイトルになりそう。
「美術工芸品を生む機械」と言われたら、なんだか「人間ロクロ」みたいで
そりゃ、陶芸家も怒るよなぁ。
[PR]
by yasuhikohayashi | 2007-01-30 10:36
NHKの「プロフェッショナル」、見ました。
制作統括の有吉さんには、十年近く前にいちどお会いしたことがあります。
僕がとても興味を持った人がいて、もう亡くなっていたのですが
その人のことを知りたいと思って、縁者に連絡を取ったりしていました。
なにか、とてつもない飢餓感を抱えて、肉筆浮世絵や工芸作品を
買い集めコレクションしていた人でした。
サラリーマンでしたが、生活を切り詰めて浮世絵を買い、
価値が見直されて値上がりしてしまってからは、
現代工芸の作品を蒐集していました。
恐るべき目利きで、後に一家を成した工芸家の作品を
はずしていません。
ほとんどがニセモノと言われる肉筆浮世絵でも、ニセモノは数少なかった・・・。
そうして、宝の山に囲まれて生活しながら、
買ったものを出して見ることがなかったようです。

何が僕の共鳴箱に響いたのか分からないのですが
おそらく転勤を契機に、なにか感じるところがあったのでしょう。

知って何かを書くというようなあてもなく、その人の周辺から情報を得ようとしました。
その過程で、NHK熊本放送局のディレクターが、すでにドキュメンタリーに
して番組に仕上げていたことを知りました。
VTRを手に入れて見ました。僕があらためて取材する意味がないように思えてしまうくらい
行き届いた番組に仕上がっていました。
その番組のディレクターが有吉さんでした。
話を聞きたいと申し込んだのはそのあとでした。

渋谷の放送センターの喫茶室で会った彼は、ハンサムな青年でした。
僕は、まだその人のことが自分の中でうまく位置付けられていなかったのだけれど
彼の中ではきちんと納まっていたるように思えました。

ああ、有能なジャーナリストだな、と思いました。
僕は、上手に折り合いがつけられないまま、
その人のことを知ってしまったことが、
自分のこれからを変えてしまうかな、という予感がありました。

何を書いているのか、自分でも分からなくなってしまいました。
なんのこっちゃ、という文章ですね・・・。

憑かれたように買うだけで、いったん自分のものになったあとは、
せっかくの美しいものを楽しむことを
知らなかった彼のことに、いまは批判的です。
工芸家にとっては、自分が作ったものを死蔵されてしまっては浮かばれません。


「プロフェッショナル」は、おそらく
ドキュメンタリーというものの最前線を切り開いている番組でしょぅ。
なんで、ここにカメラがあるんだ、という映像を目撃しているすごさを感じます。
NHKって、なかなかなもんだな、と思ってしまいます。

酔いが醒めてきました。なんのこっちゃと思われるかなぁ。
自分ではよく分かっているんですけどねぇ。

いいや、このまま送ってしまおう。

ではまた。
[PR]
by yasuhikohayashi | 2007-01-18 23:33

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

大晦日に工房の掃除をして、半分くらい片づいて
晩ご飯をたべてからまた来て掃除。
やっと終わって外に出たら、
裏の神社の階段には、初詣の行列ができていました。
チャリで家に帰る途中で、年が明けました。

こういう無計画ぶりは去年でおしまいにしたかったけど
性格だから直らないでしょう。

年明け、二日には工房に来て
こんどは二階の書斎(つまりここ)の掃除を始めて
夕方までにはなんとかスッキリ片づきました。
二年越しの掃除になってしまいました。

今日は工房に初出勤。
桜のころに予定している個展の準備をしました。
ああ、あの花芽がふくらんで咲くころには個展だ、
そうおもうと、季節といっしょに準備ができるようでうれしい。
しかし、1月、2月、3月は、あっという間に過ぎるから油断できないぞ!

たぶん、そのころには遅れている本も出るでしょう。
挿絵を描いたりする作業が残ってます。
これも楽しみ。

9月からブログ更新してませんでした。
今年は、・・・・・まぁ気分しだいでやっていきます。
お立ち寄りのさいはコメントなど、残してくださいませ。

e0057104_18205849.jpg

[PR]
by yasuhikohayashi | 2007-01-03 18:22

日々、気がついたことのあれこれを書きます。


by 林 寧彦(やすひこ)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31