思いのほか

工房の近所に、鉢植えの好きな米屋さんがあります。
土の作り方が上手なんでしょう、
夏には立派なきゅうりがたくさんなったり、
秋にはナスが・・・。

今日は、ちょっと遅咲きの梅がありました。
盆栽というより、鉢植えというのがふさわしいような、
捻じ曲げたりしてないのが気に入った。
やはり見せたいんでしょうね、通りから見えるところに出してある。

写真とっていいですか、と奥さんに声をかけたら
「いいかどうか聞いてきます」という意外な反応。
戻ってきて、「いいそうです」ということなのでパチリ。
e0057104_19543110.jpg


e0057104_2005633.jpg


やがて、許諾の主が現れた。気むずかしいジイサンか、と思っていたら、
僕と同年代の優しいおっさん。
「これ、なんだかわかりますか?」
「梅ですよね」
そう応えると、かなりがっかりした様子。
「梅は梅だけど、おもいのほか、というんですよ」
同じ木から白い花と赤い花がつく。

なるほど、「思いのほか」だ。


思いのほかと言えば・・・・・
今年の伝統工芸新作展。
新しい方向のものを一点に絞って出したら、
たしか5年ぶりの「思いのほか」でした。

いまの自分の精一杯のものはできたとおもいますが、
公募展は、出す以上、並んで見てもらわないことには意味がない。

しっかし、かわいい子供がケチをつけられたようで
気分は良くないなぁ。。
[PR]
by yasuhikohayashi | 2006-03-15 20:04

日々、気がついたことのあれこれを書きます。


by 林 寧彦(やすひこ)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30