松尾宗房さんからのメッセージ

(昨夜のブログ、ちょっとエッセイ風にいじりました。・・・10月2日午後)
/////////////////////////////////////////////////////////////////////

今日は一日、陶芸三昧でした。
かなりの充実感。

一人で水炊きをしながら、読み物をしていて
(ひとり鍋をやりながら本を読むのは、博多時代からの習慣で、至福のとき。)
いい言葉に出会いました。

「名人は危うきところに遊ぶ」

松尾さんの言葉を、弟子の森川くんが引用したものですが、
なんだか今までのモヤモヤが吹き飛んだよう。

松尾さんは、やはりすごい。
「高く悟りて、俗に帰るべし」も、広告を作る上で、とても勇気が湧いた言葉だったけど、
工芸のヒントにもなります。
「名人は・・・・」は、また教えられた気がします。

ある工芸の研究会で、作家のマンネリに対して批判が出ました。
実作者でない人からの言葉に、大いに反発しましたが
松尾さんは、俳句の実作者。その人が、マンネリを戒めています。
「名人は危うきところに遊ぶ」。
危うきところを歩む、ではなくて、「危うきところに遊ぶ」がいいなぁ。

軽み、と新しみを表現のイノチと考え、
重くなったら表現者としてオシマイだ、と思っていたようです。
エライ人の席に呼ばれて、上座にどうぞと勧められも断って、
最後は「そんな席に座ったら俳句が出てきません」と言ってしまう。
ケンカ売ってんのかオッサン! もっと上手に断れよ。

「一歩前に出るのをビビッてないかい?
名人は、その不安を楽しんでるぞ。」
松尾さんは、そう言ってマンネリになりがちな僕をアジっています。

エライ人の言葉は、大きく見えがちで、等身大で受け止めるのはなかなか大変。
本名に、さんやクンをつけて、同じことを友達が言ったらどうだろう、
と考えるのはいつもの僕のクセ。
タイトルの松尾宗房さんは、芭蕉の本名です。弟子の森川クンは森川許六。
松尾さん、なかなかいいことを言ってます。



・・・・白波が効きました。酔ってます・・・・。


//////////////////////////////////////////////////////////////////////

以下は、昨夜書いたもの。(こんなものまで捨てられない性格なのだ。)


今日は一日、陶芸三昧でした。
かなりの充実感。

一人で水炊きをしながら、本を読んでいて
(ひとり鍋をやりながら本を読むのは、博多時代からの習慣で、至福のとき。)
いい文章に出会いました。

「名人は危うきところに遊ぶ」

芭蕉の弟子の森川許六が師の言葉を引用したものですが、
なんだか今までのモヤモヤが吹き飛んだよう。

芭蕉はやはりすごいです。
「高く悟りて、俗に帰るべし」も、広告を作る上で、とても勇気が湧いた言葉だったけど、
工芸のヒントにもなります。
「名人は・・・・」は、また教えられた気がします。

ある工芸の研究会で、作家のマンネリに対して批判が出ました。
実作者でない人からの言葉に、大いに反発しましたが
芭蕉は、実作者。
「真の俳諧をつたふるときは、われ骨髄より油を出す」
という人。
創作の名人がマンネリを戒めています。
「名人は危うきところに遊ぶ」。
危うきところを歩む、ではなくて、「危うきところに遊ぶ」がいいなぁ。

軽み、と新しみを俳諧のイノチと考え、
重くなったら表現者としてオシマイだ、と思っていたようです。
エライ人の席に呼ばれて、上座にどうぞと勧められも断って、
最後は「そんな席に座ったら俳句が出てきません」と言ってしまう。
ケンカ売ってんのかオッサン!
もっと上手に断れよ、と言いたいくらい、融通のきかない、いいおっさんです。

一歩前に出るのをビビッてないかい?
名人は、その不安を楽しんでるぞ。
芭蕉は、そう言ってマンネリになりがちな僕をアジっています。
(広告クリエイターに必要な資質として、「不安定を楽しめる人」と先輩が言った。
聞いたときには良く飲み込めなかったが、いま書きながら腑に落ちた。
表現者はみな同じ。そうか、そういうことだったか)

あ、タイトルの松尾宗房くんは、芭蕉の本名です。
エライ人の言葉は、大きく見えがちで、等身大で受け止めるのはなかなか大変。
本名にクンをつけて、同じことを友達が言ったらどうだろう、と考えるのはいつもの僕のクセ。
ムネフサくん、なかなかいいことを言ってます。



・・・・白波が効きました。酔ってます・・・・。
[PR]
by yasuhikohayashi | 2005-11-02 00:06

日々、気がついたことのあれこれを書きます。


by 林 寧彦(やすひこ)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30