季刊「つくる陶磁郎」の休刊


創刊号から連載エッセイを書いてきた「つくる陶磁郎」が
49号をもって休刊しました。
年に4回の刊行だから、12年以上にわたって書いてきたことになります。
季節が変るたびに、編集部の竹見さんから、
「そろそろ次の号なんですが、テーマは決まりましたか?」という電話が入るのが
常でした。

「単身赴任 やきもの扮戦記」という連載。そもそも、「扮戦記」という名前。
これは僕のワープロの変換ミスからでした。
連載3回目だったか、送った原稿のタイトルをみて、
編集長の入澤さんから電話が入りました。
「奮戦記に変えたいの?扮戦記が僕は好きだけどねぇ。
扮装の扮のほうが感じ出てていいんじゃないの?奮戦記じゃ当たり前だよね」

そんなこんなで始まった連載は、僕の単身赴任が終っても続き、
やがて2003年に会社員ですらなくなっても終らず、今日まできました。

先月末発行の最終号にはこう書きました。
「急に書かなくなるのは身体に悪そうだから、
この連載は自分のホームページに場を移して続けるつもりです」。

原稿5枚というのは、1テーマがしっかり入って、あまりムダ口は叩けない分量。
好きな枚数でした。
[PR]
by yasuhikohayashi | 2009-12-14 16:54

日々、気がついたことのあれこれを書きます。


by 林 寧彦(やすひこ)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30